代表ご挨拶 | 一期一会

代表ご挨拶

幸せになりたい人に幸せにできる場所を紹介するのが、一期一会の人材紹介です。

1982年の創業以来、人・金・物・情報を経営の要素とするならば、要素の全てを磨ききる必要があると痛感しています。
金も単なる金ではなく、直接・間接のバランス、借入れとプールのバランスをとりながら管理していくことが必要です。
物も単なる物ではなく、思い入れのある物語に登場する最愛の物である必要があります。
溢れる情報のなかで、研ぎ澄まされた五感を通して感じる真実の情報である必要があります。
「経営とは人を通して事をなすこと」とするならば、物・金・情報を託し切れる人材の教育と確保が経営の最大課題です。
当然ですが、人は物ではありません。「幸せになりたい」という希望を全ての人が懐いています。
幸せになれる場所を探し求めています。給与や待遇の確認も幸せになれる尺度の一つに過ぎません。
幸せになりたい人に幸せにできる場所を紹介するのが、一期一会の人材紹介です。

求職者の内面を弊社の独自のメソッドで測定して、就労先との適合性を測った上で紹介致します。
弊社社内のキャリア・コンサルタントやプロコーチが求職者と丁寧に面談を重ねて貴社において将来を託すことができる人材の紹介を行ないます。
就労後も就職者と緊密な連絡(就職者の相談窓口を設けて、社内のキャリコンやコーチがケアします)をとり、貴社の人材育成をフォロー致します。
フィリピンの関連会社を介して外国人研修従業者の紹介や社員としての紹介事情への拡大も計画しています。
介護現場の人材確保を目的に人材コンサルタント事業部「一期一会」を立ち上げました。
事業の成否は「人」が握っています。雇用したものの短期間での離職は、就業者と就業施設のギャップが原因です。
ギャップが生じる原因は、就業予定者への就業施設の情報不足が起因していると共に、就業施設が求める人材への期待値の不明確さも原因しています。
求職者の働く目前の目的は様々であっても、「幸せになるため」が最終の目的です。
この職場で働くことで自分が幸せになれると思える職場を離れることはありません。
マズローの5段階欲求説は、生存の欲求、安心・安全の欲求、帰属の欲求、承認の欲求、自己実現の欲求の5段階を説いています。
給与や待遇は、生存及び安心・安全の欲求を満たすに止まり、本来的な幸せになる欲求である、帰属の欲求や承認の欲求が満たされる職場に人は定着しますが、生存及び安心・安全の欲求はどの職場でもあってもある程度満たすことが可能です。
故に給与の高低で人は採用できないと考えるべきです。
就業者と就業施設の間を取り持ち、求職者の就業目的を明確にしたうえで、就業者に最も相応しい就業場所を提供します。
そのためには一期一会が就業施設の情報を可能な限り詳細に把握する必要があります。

その上で、紹介をお断りすることもあります。先ずは就業者が幸せになれる職場作りを私たちが提案させて頂き、その上で人材を紹介させて頂くことになります。
企業の繁栄は人で決まります。私たち一期一会は「人材紹介を企業に繁栄を提供すること」であると定義付けています。

➀就業環境の把握
➁紹介人材の把握(社内キャリア・コンサルタント、プロコーチ)
③マッチング
④就業後の定期的なケア

万全のフォロー体制で貴社の繁栄をバックアップします。

令和元年9月11日
有信アクロス株式会社
代表取締役 

原田健一

お気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください

スタッフがあなたのご希望にあわせた
お仕事や働き方を一緒に考えます。